ひびく日々




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
おくばさん :: 2015/01/27(Tue)

あぁなんということでしょう

私はこんなにもすりへらされて
私はこんなにもすりつぶされて
私はこんなにもけがされてしまった
健やかな今日を生みだすために
立つこともままならぬこの身はもう
正しい水道水の温度を
正しい七草粥の食感を
伝えることすらできない
望む望まぬに関わらず
明日へ繋がる怠惰をも
捨て去ることすらできないなんて!


奥歯が虫歯になりました。
しくしく。
美味しく食べられる喜びを私に提供してくれた、すべての歯に感謝です。
せんきゅー歯!
スポンサーサイト
  1. | trackback:0
  2. | 本文:2
さくらのうた :: 2014/03/31(Mon)

「さようなら」
この言葉を口にすることもなく
君はどこか遠くへ連れ去られてゆく
おいてけぼりの僕は
記憶の空洞へずりおちて
もうすぐ忘れてしまうのかなあ
少しかすれた声だってさ
華奢なあごした横顔だってさ
なにも知らないような顔をして
桜はきっと咲いてしまうんだ
ねえどうか、歌わせてくれよ
デタラメなメロディーにのせてアベコベに紡いだら
少しくらいは覚えていられる
そんな気がする

「ありがとう」
この言葉を口にすることもなく
僕は不確定な明日の準備をはじめてしまう
なにも知らないような顔をして
桜はやっぱり咲いてしまうんだ
だからどうか、歌わせてくれよ
デタラメなメロディーにのせればアヤフヤな気持ちでも
少しくらいは伝えられる
そんな気がする



気がつけば、春。
早いなあ。
そういえば突然発症した花粉症、今年は全く辛くない。
もしや突然治ったの!?やたーーーーふぅーーーーい
  1. | trackback:0
  2. | 本文:1
はつこい :: 2013/12/11(Wed)

ひみつひみつひみつのはなし

ぼくのおくに芽吹いている
くすぐったいはなの香りを
まつげをふるわすメロディーを
たどればすべての根源は
きみとめがあうことだったりする
そんなたあいのないことだったりする

その頬にふれてみたいし
指先のおんどを知りたいのだけれど
きみはともだちのおにいちゃんだったりする
そんなどうしようもないことだったりする

だからぼくは紫いろになるまでくちびるを噛んで
しずめたままの本音がもれないように気をつける

だからずっとずっとこのまま
ひみつひみつひみつのおはなし

こい小

特に意味は御座いません。
初恋とか、遠い昔すぎて吐きそう。
甘酸っぱい響きで、よろしいですなァーーー(遠い目)
ちなみにヒナタの初恋は保育園の時。早熟でしょうか?
足が早くて背が高くて小顔で面白い少年でした。
じゅうぶん大人になった今でも、ちょうカッコイイに違いない!
多分今は、実写版ルパンみたいな感じやと思うんです。
初恋や初恋の人っていつまでも色あせないどころか、色を重ね塗りしてしまうので、どんどん極彩色になってきて、きっと原型とどめてないことくらい、頭の隅っこではわかっているのですが…
それでも私の初恋の人は、今でもカッコイイに決まっている!笑
  1. | trackback:0
  2. | 本文:7
ミルクナイト :: 2013/12/02(Mon)

指先が冷えて仕方ない夜は
とどのつまり心臓が泣いているんですってよ
そんな時には必ず耳をふさいでしまわないと
北風がびゅうびゅう思い出を揺さぶるもんだから
どうしようもないあの日の答えだとか
仕様のないさようならが
ずけずけと不躾に入りこんでしまうため
心臓が泣きわめくのを止めてくれず
いつまでたっても眠ることができないんですってよ

指先が冷えて仕方ない夜は
ミルク色したねこをなでまわせればよいけれど
そうそう都合よくもいかないので
布団をかぶり目を凝らすんですってよ
北風がびゅうびゅう思い出を揺さぶったとしても
どうにかなりそうな本日の問いだとか
悪くもないありがとうを
ころころ転がる言葉が紡いでゆくため
心臓も泣きわめくのを忘れて
いつのまにやら眠りの世界へ運んでくれるんですってよ
アンニュイ

いよいよ12月ですね。
ようやく2013年に慣れたとこやのに、2014年がきてしまうのか…

最近あまりにも寒いため、寝つきが悪うございます。
そして夜中に足吊ったりして、全然ぐっすり眠れてないという…
足吊るのは、ふくらはぎちぎれそうやし勘弁してほしいけど、原因も解決方法も不明らしい。
科学がどれだけ進んでも、人体には、まだまだわからん不思議が隠されていそうですぜ。
  1. | trackback:0
  2. | 本文:4
ひとりよがり :: 2013/11/18(Mon)

押しつぶした言葉たちが
押し寄せるしずくになって
差し迫った選択肢に
差し出がましい救いの歌を
どうしようもならないことや
どうにでもなるようなことも
どうだっていいと膝を抱える
堂々巡りの夜はこれから
誰だっていいのだけれど
誰にでもひらくわけもなく
渡したいのはただひとつだけ
わたしがここにいる事実だけ
花
  1. | trackback:0
  2. | 本文:6
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。