FC2ブログ

ひびく日々




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
ノスタルジア :: 2012/01/20(Fri)

ねむたくなれば目を閉じればいい
だんまりぐったり
おねんねねんね

大きな脳は泣いている
子供の自分がきのこのかげへ
走って行ったと泣いている

ねむくなくても目を閉じればいい
だんまりぐったり
あのひのあのね
1201201.jpg



写真は京都植物園の名物、『きのこ文庫』。
きのこの中には懐かしい絵本や児童文学がぎっしり入っているんだよーーー!
とにかくキャワユイし、本のタイトルを見るだけで誰でも子供に戻れること間違いなしッ!
スポンサーサイト
  1. | trackback:0
  2. | 本文:6
<<や行 | top | 冬の男女>>


comment

こんばんは!
きのこ文庫すっごく楽しそうです!!
もう、きのこの雰囲気がメッサたまらんですとよー!!
そしてっ!!植物園の中に本があって・・・(;゚Д゚)!
なんという素敵無敵空間!!こんな子供も大人も心をわしづかまれる場所、一度はいってみたい・・ッ!!(≧∇≦)
くううううぅ・・・青い森からお邪魔するのは無理ぽ\(^o^)/w写真をめっちゃ愛でます!!wwwノスタルジックな詩にこめられた思いと共に・・・!!
応援全ポチ済みでございます☆
  1. 2012/01/22(Sun) 00:46:39 |
  2. URL |
  3. なによし #-
  4. [ 編集 ]

なによしさん

きのこって形がもうキュートすぎますよねーーー!
そんなただでさえ素敵なきのこに絵本を入れちゃったらもう!
素敵倍率どぎゃーーーんですよッ!
子供の心にすっかりかえってしまいました♪
この植物園のセンスに、学生時代からやられっぱなしです★
もしも京都に来られる機会が…もしもあれば…お連れしたひ…!
拙い写真ですが、愛でてやって頂ければ幸いですー❤
  1. 2012/01/23(Mon) 21:28:18 |
  2. URL |
  3. ヒナタ #-
  4. [ 編集 ]

ほらほら、あぁんなおぉきな きのこやろ
うらがわ たくさん ひだひだひだひだ あるねんよぉ!

たくさんの知恵や物語、たくさん戦った人、勝った人
お船の航海、冒険と愛と恋

ふぅーん^^

そこの ぼんらぁ こっちきぃやぁ
めんどいことは えらんでぇ

この小遣いで 肉マン買うてきぃやんや
さてさて ゆぅくり なによむかぁ

筋肉マン しっとるかぁ・・・・ 
  1. 2012/01/23(Mon) 22:24:13 |
  2. URL |
  3. HIZAKI #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
ささかま。です。

きのこ文庫、可愛いですね^^
こんな可愛いデザインなら子どもはもちろん、大人でもなんだかワクワクしちゃいますね。
京都に行ったのは修学旅行で神社仏閣を巡ったのが最後なので、また是非行ってみたいです。

ささかま。
  1. 2012/01/25(Wed) 23:54:45 |
  2. URL |
  3. ささかま。 #-
  4. [ 編集 ]

HIZAKIさん

なんてチャーミングなコメント…!!!
私の拙い写真で、こんなにも広がるなんて、感激です!
まだ小さなぼんたちの心にも、ずっと残る物語がそこにどうかありますように★

キン肉マン、知ってますよーーー!
といっても漫画を読んだりアニメを見たことはないのですが…
彼氏がすんごい好きみたいで、なんかよく語ってます。
ジェロニモ泣ける~みたいなことを…
  1. 2012/01/27(Fri) 22:40:46 |
  2. URL |
  3. ヒナタ #-
  4. [ 編集 ]

ささかま。さん

きのこ文庫、たまらないですよね❤
このアイデア、やるなあ~と思って!
植物園にきのこのオブジェってだけでもカワイイのに、中に絵本だなんて素敵すぎるー!

修学旅行、京都やったのですね。
神社仏閣ももちろん良いのですが、他にも魅力たっぷりの場所ですよ~♪
住んでいても飽きません♪
是非とも機会があれば、足を運んでみて下さい★
  1. 2012/01/27(Fri) 22:43:24 |
  2. URL |
  3. ヒナタ #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hibikuhibi.blog.fc2.com/tb.php/120-4f315ebd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。